ビジョン

2007年に「ジュニア」と「シニア」の運動あそび塾【しらさん家】を第二創業として立ち上げ、主に子どもたちへの支援を継続するなかで、「体力・運動能力の向上」サポートとともに「コミュニケーション能力」の育成が不可欠であると気づかされました。

現代社会における若年層が携帯ゲーム機やスマホに依存してしまうコトで生じるリアルなコミュニケーション能力低下等のマイナス面に対して、【カラダを使ってヒトと遊ぶ】コトづくりが文化として見直されつつあると実感しています。

2014年12月【ばらんすもう協会】設立を足がかりに『2016年度ばらんすもう全国大会in柏崎場所』の開催をめざします。

さらに地元柏崎だけではなく他地域への展開を実現していくチャレンジにより、国の地方創生への取組みにおけるお役立ちにもつなげられればと考えています。

地道ですが地元柏崎市のスポーツ振興課が主催する春季&秋季スポーツレクリエーション祭での春&秋場所開催を継続し、10月中旬に新潟県内の自治体持ち回りで毎年開催される一般社団法人 新潟県レクリエーション協会主催の新潟県スポーツ・レクリエーション祭における県大会開催も定期的で継続できる実績として活用していきたいと考えいます。ちなみに公益財団法人 日本レクリエーション協会主催の全国レクリエーション大会も毎年開催されていますが、全国大会は聖地である柏崎での開催にこだわりたいところです。

そして将来は日本相撲協会および公益財団法人 日本相撲連盟と【ばらんすもう協会】との連携により「相撲文化」と「カラダを使ってヒトと遊ぶ文化」の融合へとお互いの相乗効果となるあるべき姿を構想しています。