つなが道(つながロード)|つながりあう健幸運脳遊具
つなが道(つながロード)の紹介動画
つながりあう健幸運脳遊具(けんこううんのうゆうぐ)公式チャンネル
SNSも元気に更新中
会社と学校と社会がつながりあう

会社と学校と社会がつながりあう」SDGs(経済-社会-環境の同時達成)プロジェクトは、異質なメンバーがチームで連係・共感する実体験を通して、未来の人財である子どもたちと社会人が共に育ちあい、家庭と学校に加えて多様な成長に向けた支援の役割を社会全体で担っていく新たな潮流を巻き起こすコトを目的としています。このコンセプトに共感いただける多くの方々とのより多様な連携に結びつくよう応援してもらえると幸いです。

世の中に新たな価値を創出するチカラの基礎は、幼少期からの原体験の積み重ねが欠かせないと実感しています。現代っ子の『好き』『ワクワク』はゲームやYouTubeで画面を通した視覚・聴覚の記憶が中心となり、画一的な傾向が強くなっているようです。・・ということは、新たな価値を生み出すチカラ(イノベーション力)を落としてしまっていると危惧されます。

五感の肌感覚・触覚や嗅覚を伴う原体験が、より多様な社会の課題に違和感を憶え発見していける感性が育ち「問いをたてる」「異質の組合せがイノベーションにつながる」を自ら実践していける『非認知能力』につながっていくと捉えています。

つなが道の遊び方

つなが道の活用例

『チームビルディング』における【リフレクション《内省》】

『問い』の例:
実践中・・・自分は?《個の自立・自律》 チームは?《信頼関係》
①「何を考えていたか?」と「何を感じていたか?」を分けて《何をどんなココロで》《習慣・クセ》
②「それをメンバーに伝えたか?」《コミュニケーションスキル》
③-1「YES」・・「メンバーの反応はどうだったか?」《非認知スキル》
③-2「NO」・・「なぜ伝えられなかったか?」「伝えなかったか?」《心理的安全性》

④「自分は何の役割を担っていたか?」 《社会性》
⑤「メンバーで重要な役割だった…印象に残ったヒトは?」《関係性》

次にもう一度実践する際には・・
⑥「どうしたいか?」 《主体性》
⑦「アイデアはあるか?」 《創造性》
⑧「メンバー全員で決める目標は?」《納得性》

DLTG 《Do-Look-Think-Grow》やってみないと分からないからこそ・・

新たな道=未来を切り拓くアクティビティで自ら得た「気づき」「学び」
を自分の職場やチームで活用できる『実践』につなげる 《行動変容》



実践『効果検証』の例:
【チーム・職場】
はたらく人の幸福学プロジェクト
パーソル総合研究所慶應義塾大学・前野 隆司 教授 共同研究プロジェクト


はたらくヒトの「幸せの7因子」
①「新たな学び」自己成長☆
②「ほっとひと息」リフレッシュ
③「ともに歩む」チームワーク☆
④「見てもらえてる」他者承認
⑤「誰かのため」他者貢献
⑥「マイペース」自己裁量
⑦「自分ゴト」役割認識


はたらくヒトの「不幸せの7因子」
①「自分なんて」自信抑圧
②「ハラスメント」理不尽
③「職場バラバラ」協働不全★
④「環境イヤイヤ」不快空間
⑤「報われない」評価不満
⑥「ひとりぼっち」疎外感★
⑦「ヘトヘト」オーバーワーク


【個人】
幸福度診断 Well-Being Circle
はぴテック


【幸福力】VUCA時代に強いのは?『幸せなチーム』
① 全体俯瞰力:「やってみよう」
② 創造力:「やってみよう」
③ 多様なヒトと協力する:「ありがとう」
④ チャレンジ精神:「なんとかなる」
⑤ 個性:「ありのままに」
⑥ 感性・直感力:「ありのままに」
みんなで幸せでい続ける経営研究会 慶應義塾大學 大学院 SDM研究科 前野 隆司 教授
( V:変動性 U:不確実性 C:複雑性 A:曖昧性 )


組織開発

トランプなどでそれぞれの役割(リーダーシップ 2名・フォロワーシップ 3名・ アウトロー 1名)を設定して演じる機会をつくりだし、
日常業務時の自分と相手の立場を共体験する。

多様な役割から「共感」を引き出す取り組みを通して
『コミュニケーション能力』『心理的安全性』
『非認知能力』
のアップにつなげる

コミュニケーション能力・心理的安全性・非認知能力 コミュニケーション能力・心理的安全性・非認知能力
つながり体験

20代 男性
ICT系

自分の持ち手の近くにビー玉が来ると、自然と声出しをしていたので、構造的によくできているなと感じました。

30代 男性
ICT系

4人で遊んだ時よりも6人で遊んだ時の方が微調整が効きやすかったと感じました。多人数でやる方が盛り上がって楽しかったです。

40代 女性
ICT系

木の枝、ペットボトルのキャップなどが障害物に置かれていて、手作り感に親しみを感じました。次回はコースを自分で動かしてみたいです。 そしてそのコースを対戦相手にぶつけて、タイムを競ってみたいです。

販売・レンタル

クラウドファンディング『Makuake』にて
2020/8/26(水)11:00-2020/10/14(水)18:00の間で
「子どもと大人の遊びと學びと成長を【つなが道】で繋げ|
チームが未来を拓く社会を創る」
プロジェクトに挑戦!!

そのため、ホームページからのご注文に対応できる
時期はプロジェクトのリターン完了後となります。
ぜひ『Makuake』からの「応援購入」を検討
いただければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。

つなが道Ⓡ(つながロード)
購入をご検討の方はこちらから

つなが道Ⓡ(つながロード)
レンタル希望の方はこちらから

お申し込み

各種お申し込み・お問い合わせはこちらからご連絡ください。
その他にも、ご質問・ご相談などございましたら、どうぞお気軽にご連絡ください。