つなが道(つながロード)|つながりあう健幸運脳遊具
つなが道(つながロード)の紹介動画
つながりあう健幸運脳遊具(けんこううんのうゆうぐ)公式チャンネル
SNSも元気に更新中
会社と学校と社会がつながりあう

会社と学校と社会がつながりあう」SDGs(経済-社会-環境の同時達成)プロジェクトは、異質なメンバーがチームで連係・共感する実体験を通して、未来の人財である子どもたちと社会人が共に育ちあい、家庭と学校に加えて多様な成長に向けた支援の役割を社会全体で担っていく新たな潮流を巻き起こすコトを目的としています。このコンセプトに共感いただける多くの方々とのより多様な連携に結びつくよう応援してもらえると幸いです。

世の中に新たな価値を創出するチカラの基礎は、幼少期からの原体験の積み重ねが欠かせないと実感しています。現代っ子の『好き』『ワクワク』はゲームやYouTubeで画面を通した視覚・聴覚の記憶が中心となり、画一的な傾向が強くなっているようです。・・ということは、新たな価値を生み出すチカラ(イノベーション力)を落としてしまっていると危惧されます。

五感の肌感覚・触覚や嗅覚を伴う原体験が、より多様な社会の課題に違和感を憶え発見していける感性が育ち「問いをたてる」「異質の組合せがイノベーションにつながる」を自ら実践していける『非認知能力』につながっていくと捉えています。

つなが道の遊び方

つなが道の活用例
組織開発

トランプなどでそれぞれの役割(リーダーシップ 2名・フォロワーシップ 3名・ アウトロー 1名)を設定して演じる機会をつくりだし、
日常業務時の自分と相手の立場を共体験する。

多様な役割から「共感」を引き出す取り組みを通して
『コミュニケーション能力』『心理的安全性』
『非認知能力』
のアップにつなげる

コミュニケーション能力・心理的安全性・非認知能力 コミュニケーション能力・心理的安全性・非認知能力
つながり体験

20代 男性
ICT系

自分の持ち手の近くにビー玉が来ると、自然と声出しをしていたので、構造的によくできているなと感じました。

30代 男性
ICT系

4人で遊んだ時よりも6人で遊んだ時の方が微調整が効きやすかったと感じました。多人数でやる方が盛り上がって楽しかったです。

40代 女性
ICT系

木の枝、ペットボトルのキャップなどが障害物に置かれていて、手作り感に親しみを感じました。次回はコースを自分で動かしてみたいです。 そしてそのコースを対戦相手にぶつけて、タイムを競ってみたいです。

販売・レンタル

クラウドファンディングへの挑戦を予定しています。
そのため、ホームページからのご注文に対応できる時期は改めて連絡させていただきます。
お待ちくださいますようお願い申し上げます。

つなが道Ⓡ(つながロード)
購入をご検討の方はこちらから

つなが道Ⓡ(つながロード)
レンタル希望の方はこちらから

お申し込み

各種お申し込み・お問い合わせはこちらからご連絡ください。
その他にも、ご質問・ご相談などございましたら、どうぞお気軽にご連絡ください。